人気のFX

最近、巷で話題になっている外貨の金融商品が「外国為替証拠金取引」(FX)です。取引人口は増加傾向にあり、証券会社など取扱業者でも成長に期待している人が多いそうです。


株式を中心とした投資のブームも見られますが、株の人気がいつまで続くかはわかりません。なぜなら、日本経済が右肩上がりに成長していくことがあまり期待できないからです。例えば、本格的な少子高齢化の時代に突入し、これから労働力人口は減少していくことが明白です。また、国の財政赤字が改善されていないことから、公共投資が減っていくことも考えられます。さらに、企業聞の競争が今まで以上に激化し、給与水準が抑えられる可能性もあります。これらの要素を考慮すると、経済の先行きを楽観視することはできないでしょう。


現在、長期金利は非常に低い水準にあります。長期金利とは、将来の物価変動や国の経済成長を見越して動く金利です。これの水準が低いということは、市場は低成長・低インフレが継続すると予想しているという意味でもあります。低成長が続けば低金利のままでしょうし、運用難の時代も続いていくことになります。
FX
は、低成長時代でも利益を上げやすい商品として人気となっています。比較的少額の資金でも大きな資金を動かすことができ、買いでも売りでも稼げるという利点があります。この特徴を活用すれば、相場変動によって高収益を得ることも夢ではないそうです。


FX
で外貨や世界経済を知り、低成長・運用難の時代でも稼げるように頑張りましょう。