欲張らない

投資を続けているうちに、欲が出くることがあると思います。あの時買っておけばよかった、あの外貨を買っておくべきだった、もっと前に売っていればもうけが多かったのに、といったように「たら・れば」発言が増えてくるでしょう。そして、次こそはもっと大きな利益を出したいと欲がでてきて無理な取引をしてしまうことがあると思います。


しかし、冷静になって考えてみてください。儲けが少なくなってしまったことは事実かもしれませんが、実際には1円もお金は減っていないのではないでしょうか。お金が減っていないのに損をしたと考えるのは損したと考えるのは少し欲張りすぎではないかと思います。いずれにせよ、欲張りすぎた取引をしていても良いことはないでしょう。欲張りすぎると無理な取引をして、いつかは大きな損失を被るおそれもあります。そしていつかは、立ち直れないほどの大きな損失を抱えてしまうかもしれません。「外貨は儲からない」と話す人の中には、欲張りすぎて損をした経験がある人もいるでしょう。


もうちょっと安く、もうちょっと高くというように「もうちょっと」のばかりを狙っていると、チャンスを手放してしまう場合があります。もたろん、たまには狙い通りになることもあるでしょうが、いつもそうなるとは限りません。腹八分目ぐらいのところで満足しておくのが賢明だと思います。そして、終わったことをいつまでも考えるのではなく、またチャンスは巡ってくるのだと気楽な気持ちでいるようにしましょう。