情報の大切さ

外貨両替のプロとアマの違いの一つに、「情報」があります。インターネットが普及した現代では、手に入れられる情報の量やスピードにはほとんど差がないかもしれません。現在はアマもプロ同程度の情報を得ることは難しくないと思います。


しかし、表に出にくい情報を手に入れるのは、プロの方が上かもしれません。たとえば、どこかのヘッジファンドがどこかの通貨を大量に買ったなどです。プロはとにかく情報をたくさん集めようとするため、入手した情報がどうでもいいものだったということもあります。しかし、知ってしまったために、本当はどうでもいいのに情報に振り回されてしまうのです。


多くの人は、投資に早い者勝ちという印象を持っているでしょう。そのため、入手したばかりの情報に基づいてあれこれ動いてしまうのです。その結果、早とちりの取引をしてしまうことにもつながります。


また、分析力という点においてもプロとアマには大きな違いがあります。経験や知識が少ないアマの場合は、分析が難しい部分もあります。しかし、分析があまりできないとわかっていれば、情報を自分流に解釈することもなく、無謀な行動を制することにもなるでしょう。その一方で、アマは情報に洗脳されやすいという傾向があります。各メディアの情報を疑わずに鵜呑みにしてしまう人が多いのです。世の中には、誤った情報が正しいものであるかのようにされていることもあります。入手した情報は本当に正しいのか、自分で確認するくらいのことは必要だと思います。